事務所ブログ

『雇用保険料率』の引き下げ?2016.03.08

 春めいた季節から一転、明日からは寒さが戻るそうです! 😥 急な寒さで体調を崩さぬようお気をつけ下さい。 さて、今日は「雇用保険料率」を引き下げるための法律案を国会に提出されましたので、その事をお伝えしたいと思います。 平成28年度の雇用保険料率は、法律案が国会で成立されれば決定いたします。しかし国会での審議スケジュールは未定なので、何時に決定されるかは分かりませんがもし決定しましたら、厚生労働省ホームページに掲載されます!(厚生労働省ホームページ 仮に、法律案の内容が修正されることなく国会で成立した場合は平成28年4月1日より平成29年3月31日までの雇用保険料率は下記となります。
★平成28年度の雇用保険料率(*法律案が国会で成立した場合)★                     ①+②雇用      ①労働者負担 ②事業主負担 保険料率 一般の事業 4/1000  7/1000  11/1000  (H27年度) (5/1000) (8.5/1000) (13.5/1000) 農林水産・清酒 製造の事業 5/1000  8/1000  13/1000  (H27年度) (6/1000) (9.5/1000) (15.5/1000)  建設業の事業 5/1000  9/1000  14/1000  (H27年度) (6/1000) (10.5/1000) (16.5/1000) 
もし決定されますと労働者の方も事業主の方も少しですが負担が軽減されます。社会保険などの引き上げが続く中、引き下げはうれしく感じますね!(#^.^#) 労働保険料の計算などでご不明なこと、お困りのことがありましたらお気軽に当事務所までお問い合わせください。