事務所ブログ

ハローワークの利用方法が変わりました!2020.02.03

 

今日2月3日は節分ですね。
節分とは季節の変わり目の前日を指すそうで、春・夏・秋・冬それぞれ年4に回あるそうです。
昔は春の訪れを意味する「立春」が1年の始まりと考えられ、その前日である2月3日の節分が大晦日と並んで重要視されたそうです。
「鬼は外、福は内」と豆まきをして邪気を祓い、今年も良い1年になるよう祈念したいと思います。



経営においても、福をもたらすような人材を内に抱え込んでいきたいところですが、求人市場は依然厳しい状況のようです。
有料の人材紹介サービスや求人媒体が流行っていますが、国内最大の求人ネットワークであるハローワークでも1月6日から利用方法が一新されました。



一番大きな変化は、会社のパソコンから求人の申し込みや条件変更などが行えるようになったことです。
「ハローワークインターネットサービス」と検索し、「求人者マイページ」の登録を行えば、今後はわざわざハローワークに出向いたり、FAXでいちいち変更内容を送信しなくても、パソコン上で申し込みや変更、募集の停止・再開を行う事ができるのでとても便利です。
ただし、以下の場合はマイページ開設後に1度ハローワークへ出向く必要があります。


①初めて「求人者マイページ」を仮登録した場合
②初めてトライアル雇用求人や障碍者求人を申し込む場合
③過去1年間にハローワークの求人を利用していない場合


この他にも、


①会社の外観・職場風景などの画像が公開できる
②ハローワークからの紹介状の確認や選考結果の登録ができる
③応募者とマイページ上でメッセージのやり取りができる


などの機能が利用できます


ただ、求人票に記載する内容が以前より細かく求められ、人事労務面での整備がどの辺りまで行き届いているかが応募者に知らされるようになっています。
特に、勤務時間や休日、休暇、お給料は注目される条件です。
ハローワークに限らず、求人募集を行う際は、実態と相違が無いよう、また法令を遵守した内容となるようしっかり条件面の整備が求められています。


求職者の殆どは求人サイトとハローワークの両方を利用してしていますので、ハローワーク求人でも上手く自社をアピールできれば、費用対効果の高い人材採用が行える可能性はあります。


どのようにアピールすれば良いか?条件面はどう整備すればよいか?など、ご関心がありましたらお気軽に当事務所までご相談下さい!