事務所ブログ

マルチジョブホルダー制度2022.02.14

 

オミクロン株が急拡大していますが、引き続き手洗い・うがい・マスクの基本を徹底していきましょう!

 

さて、今回は年明けから始まっている雇用保険の「マルチジョブフォルダー制度」についてご紹介致します。

 

横文字で何やらカッコ良い印象を受けますが、これは65歳以上の方が短時間での就業を複数の事業所でされる際に、複数の

事業所の合計就業時間が週20時間以上であれば雇用保険に加入できるという制度です。

 

現役を退かれても、まだまだお元気な方はたくさんおられますし、かけもちでアルバイト等をされる方もおられるでしょう。

通常は1つの事業所での就業時間が週20時間未満の方は雇用保険に加入することはできませんが、65歳以上の方については、

合算して上記条件を満たせばご本人がハローワークに申し出を行うことで、申し出を行った日から「マルチ高年齢被保険者」と

して雇用保険に加入することができます。

そして、その後被保険者資格を満たさなくなった際には、雇用保険から高年齢者給付金を一時金で受け取ることができます。

 

手続きはあくまで本人が行うことになっていますので、雇う側としては資格取得の手続きをする必要はありませんが、本人

が雇用の事実や勤務時間などの証明をして下さい、と申し出て来られた場合は協力してあげる必要があります。

また、雇用保険料の控除が必要になりますので、申し出てこられた方がいた場合、いつから被保険者になったかの確認をする

ようにして下さい。

 

まだ、一般には浸透していない制度ですが、もしご高齢のアルバイトやパートさんがおられる場合、今後このような相談があるかも

知れませんのでご紹介させて頂きました。

 

もし不明な点やご質問等がありましたら弊所までご連絡下さい!