HOME >> 人事労務>>新型コロナウイルス感染症のためのテレワークコースの助成内容

新型コロナウイルス感染症のためのテレワークコースの助成内容

人事労務

2020年03月23日

最近は新型コロナウイルス感染症の影響で自粛ムードばかりで気が滅入ってしまいますね。

もうすぐ4月、暖かくなって外に出かけたくなってしまいそうですが、もう少し我慢が必要なようです…。

 

新型コロナウイルス感染症で各事業主様は大変な思いをされているかと思います。

今回は新型コロナウイルス感染症の助成金内容についてご案内します。

「時間外労働等改善助成金」に新型コロナウイルス感染症対策を目的とした取組を行う事業主を支援する特例コースが時限的に設けられました。

 

対象事業主は、新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規で導入する事業主。

(試行的に導入している事業主も対象)

対象となる中小企業事業主は、労働者債が補償保険の適用中小企業事業主であることです。

助成対象の取組は以下の通りです。

・テレワーク用通信機器の導入・運用(パソコン、タブレット、スマートフォンの購入費用は除く)

・就業規則、労使協定等の作成・変更

・労務管理担当者に対する研修

・労働者に対する研修、周知・啓発

・外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング等

主な要件として、事業実施期間中に助成対象の取組を行うこと、テレワークを実施した労働者が1人以上いることとなっています。

 

助成の対象となる事業実施期間は令和2年2月17日~5月31日

補助率は1/2(1企業当たりの上限額:100万円)です。

 

経営の難しい時期ですが助成金などを上手く活用していきましょう。

 


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?