事務所ブログ

2022年10月のアルコール検知器による酒気帯び確認は延長へ2022.07.11

 

2022年4月から、白ナンバーの車を5台以上か、定員11人以上の車を1台以上使う事業者を対象にアルコールチェックの義務化が始まっています。

10月からはアルコール検知器を用いた確認が求められる予定となっていたのですが、世界的な半導体不足などが影響して検知器が供給不足となったこと等を踏まえて、当分の間、その義務化に係る規定を適用しないこととする内閣府令案が示されました。

延期後の義務化の開始時期については「十分な数のアルコール検知器が入手できず、現時点で見直しが立てられない」としていて、今後状況を見ながら判断をしていくとのことです。