事務所ブログ

法人実効税率、引き下げ!(平成27年度税制改正大綱)

 

今回より、数回に分けて平成27年度税制改正大綱の内容を書いていきます。

年末の衆院選の影響で、決定が遅れていた税制改正大綱でしたが、12月30日にようやく決まりました。
今回はその柱となる法人実効税率の引き下げについてです。

平成27年4月1日以後に開始される事業年度より、法人税の税率が以下のように引き下げられます。

中小法人の軽減税率の特例(所得の金額のうち年800万円以下の部分に対する税率:19%→15%)の適用期限は、2年間延長されます。

これにより国・地方を通じた法人実効税率(現行 34.62%)が、
平成28年度に 31.33%(▲3.29%)
になる模様です。

さらに、平成28年度以降の税制改正においても、引き下げを継続していき、
「20%台まで引き下げる」との目標も明記されています。