事務所ブログ

年末調整での昨年との変更点(ひとり親控除)2020.11.16

 

税務署より年末調整に関する書類が届き始める時期のため、今回は年末調整での昨年との変更点のうちひとり親控除について案内させていただきます。


未婚のひとり親に対する税制上の措置

所得者本人がひとり親(現に婚姻をしていない人又は配偶者の生死の明らかでない一定の人のうち、次に掲げる要件のいずれも満たす人をいいます。)である場合には、ひとり親控除として、その人のその年分の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額から35万円を控除することに変更されました。

《ひとり親控除を受けるための要件》

①その人と生計を一にする子(他の人の同一生計配偶者又は扶養親族とされている人以外で、その年分の総所得金額、退職所得金額及び山林所得金額の合計額が48万円以下の子)を有すること

②合計所得金額が500万円以下であること

③その人と事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められる人がいないこと



令和2年分の年末調整でひとり親控除を受ける場合には、令和2年度分の扶養控除等異動申告書を訂正し、令和2年の最後に給与の支払いを受ける前に給与等の支払者に提出する必要があります。

なお、今年はこの他にも所得金額調整控除が創設されているため注意が必要となります。