事務所ブログ

中小企業倒産防止共済を活用しましょう!2013.05.21

 

経営セーフティ共済をご存知でしょうか?
中小企業倒産防止共済制度の愛称で、取引先が倒産し売掛債権等が回収困難になった場合に、貸付けが受けられる制度です。「もしも」のときの資金調達手段として当面の資金繰りをバックアップしてくれます。
この経営セーフティ共済、何が節税かというと、毎月の掛金が最大20万円まで設定でき経
費にすることができます。また、1年分を前払いすることもできるのです。
ようするに決算の締め日が近くなってきて利益が大きくでてしまった場合に、締め日までに1年分を前払いで払えば20万円×12ヶ月分=240万円が当期の経費にいれることができるのです。
しかも40ヶ月以上掛金を納付していれば解約しても全額が解約返戻金で戻ってきます。
貯金みたいなものですね。
1年分前払いしたからといって毎年前払いでないといけないということはありません。1年後に前払いにするか月払いにするかを確認してくれます。
このように緊急の節税に活用できるのです。

加入要件
  中小企業者で1年以上事業を行っている方で下記の条件に合う方
  倒産防止共済
  
毎月の掛金
  5千円~20万円の範囲内(5千円単位)で自由に選べます。
   加入後も掛金月額は増額・減額できます。(ただし減額には一定の要件が必要)
  積立限度額は800万円です。

                  ※詳しくは中小企業倒産防止共済のホームページをご覧下さい。

経営セーフティ共済は法律に基づく制度であり、国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤機構が運営していますので安心です。
ぜひ活用してみてください!