HOME >> 節税小ネタ(法人税)>>処分費用がかかるため、捨てずに放置している減価償却資産がある場合の節税方法

処分費用がかかるため、捨てずに放置している減価償却資産がある場合の節税方法

節税小ネタ(法人税)

2013年01月18日

もう使うことはないけれど、処分費用がかかるから放置したままの機械ってありませんか?

もしそんな機械で耐用年数が過ぎていなければ次の金額を除却損として経費にできます。

      「減価償却後の帳簿価額-処分した場合の売却価格」

この節税は「有姿除却」といって、機械だけでなく、減価償却資産として計上している備品
などでも
使えます。

全く使うことがないけど、耐用年数が残っている減価償却資産があるなら、検討してみてはいかがでしょうか?


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?