HOME >> 節税小ネタ(法人税)>>160万円以上の新品の機械装置を購入したときは?

160万円以上の新品の機械装置を購入したときは?

節税小ネタ(法人税)

2013年03月15日

中小企業者が160万円以上の新品の機械装置を取得した場合には、次のうちどちらかの特例を受けることができます。

 

 ①購入価額の30%を特別償却費として、通常の減価償却費に加算することができます。

 ②購入価額の7%を法人税から減額できます。(但し、法人税額の20%が上限です。)

 

それでは、これらのうちどちらを選択したほうが良いのでしょうか?

①は減価償却費の前倒し計上に過ぎず、翌期以降の減価償却費が減ることから課税の先送りにすぎないのに対し、②は法人税額自体を減らす特例なので、一般的には②を選択したほうが有利となります。

 

しかし、繰越欠損金がある場合など会社の状況によっては①を選択したほうが良いときもありますので、高額な機械装置を購入の際は是非、当事務所にお問い合わせください。


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?