HOME >> >>簡易課税制度のみなし仕入率が見直されます!

簡易課税制度のみなし仕入率が見直されます!

2014年09月1日

<簡易課税制度とは?>

前々事業年度における課税売上高が5,000万円以下の中小事業者が選択により、売り上げにかかる消費税額を基礎として、仕入れにかかる消費税額を簡易的に計算できる仕組みのことです。

<みなし仕入率の見直し>

みなし仕入率とは、事業別に定められており、売上に対して支払った消費税の割合をいいます。
平成2741日以後に開始する課税期間からみなし仕入率が以下の表のとおり改正されます。

 簡易課税

<改正前後の具体例>

具体例を用いてみなし仕入率の見直しにより、納付消費税がどのように変化するのかを確認してみましょう。

【具体例①】

 A社は不動産業を営んでおり、課税売上高は毎年3,240万円です。(内消費税額は2,400,000円です。)

 Ⅰ 改正前

    みなし仕入率は50%なので…

    納付消費税額は1,200,000になります。

 Ⅱ 改正後

みなし仕入率は40%なので…

納付消費税額は1,440,000になります。

 ☆改正前と比較して改正後は240,000円納付消費税額が増加しています。

【具体例②】

 B社は不動産業を営んでおり、課税売上高は毎年5,000万円です。(内消費税額は3,703,703円です。)

 Ⅰ 改正前

みなし仕入率は50%なので…

納付消費税額は1,851,800になります。

 Ⅱ 改正後

みなし仕入率は40%なので…

納付消費税額は2,222,200になります。

 ☆改正前と比較して改正後は370,400円納付消費税額が増加しています。

ビジネス(女性)※詳細は当事務所所員までお問い合わせください。


前の記事 TOPICSトップへ 次の記事
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?