HOME >> >>NISA(小額投資非課税制度)が始まります!

NISA(小額投資非課税制度)が始まります!

2013年09月1日

【NISAとは?】

 2014年の1月から、「毎年100万円まで」の非課税投資枠が設定され、投資金額100万円分までの株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)が非課税となります。(現在は軽減税率10.147%ですが、2014年からは廃止され通常の20.315%の税金がかかることになります)

 2014年から制度が始まり、2023年までの10年間、毎年新たに100万円の非課税枠が追加されます。非課税の期間は、それぞれ最大5年間となっており、途中で売った場合は、非課税枠を使ったとみなされ、再利用をすることができません。さらに、非課税枠を使っての投資総額は合計500万円までとなっており、それ以上の金額は非課税の対象とはなりません。

 制度開始前ですが、金融機関における口座開設の申請手続が平成25年10月1日から開始されます。

 

無題

 

非課税対象

非課税口座内の少額上場株式等の配当や売買益

開設者(対象者)

口座開設の年の1月1日において満20歳以上の居住者等

口座開設可能期間

平成26年1月1日から平成35年12月31日までの10年間

非課税投資枠

年間100万円(未使用枠を翌年以降繰り越すことは不可能)

保有期間

最長5年、途中売買可

非課税投資総額

最大500万円(100万円×5年間)

 

 

 

 

 

 

 

 

【注意すべき点】

  • 一度買い付けた運用対象を非課税優遇期間の途中で売却した場合、その代金を非課税口座に再投資して優遇を受け続けることはできません。
  • 既存の特定口座・一般口座に保有中の運用対象をNISA口座に移すことはできません。
  • 譲渡損失が発生しても非課税口座では、利益も損失も発生していないものと見なされるため、分配金や譲渡益があっても課税されない一方、譲渡損失があっても他の口座での取引と損益通算はできません。
  • NISA口座は1人1口座のみ開設できます。つまり、1金融機関にしか開設できません。また、開設後最初の4年間は他の金融機関に口座の変更・開設は不可能となりますので、開設する金融機関は慎重に選びましょう。

前の記事 TOPICSトップへ 次の記事
2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?