事務所ブログ

介護にかかった費用は医療費控除できますか?2020.02.25

 

所得税の確定申告シーズン真っ最中ですが、みなさま、確定申告はお済みでしょうか?
医療費控除の集計の際に迷うのが、介護にかかった費用の取扱いではないでしょうか?
A
A
例えば、寝たきりの家族のためにホームヘルパーさんに付添いをお願いし付添料を支払った場合は、医療費控除の対象になるのでしょうか?
A

A
答えは、対象です!
ホームヘルパーに療養上の世話を頼んだ費用も医療費控除の対象です。
A
A
また、付添料の中に含まれている付添人の交通費や食事代、ホームヘルバーを紹介してもらった際に、ホームヘルパー紹介所に払う紹介手数料も医療費控除の対象です。
療養の場所は、自宅でも病院でも、どちらでもかまいません。
A

A
ただし、下記の項目は対象にはなりません。
✖療養中のため、ホームヘルパーに子供の世話や家事を頼んだ時の費用
✖謝礼(心づけ)
✖親族に支払う付添料
A

A
療養上の世話の費用は、領収書だけでは医療費控除の対象なのかどうか判断が難しいため、
確定申告書には「在宅介護費用証明書」を添付する必要があります。
この証明書は、ホームヘルパー(家庭奉仕員)を派遣する介護サービス事業者等が発行します。
患者名、傷病内容、介護内容、介護費用等が記載されています。
A
A
ホームヘルパーさんに付添をお願いしているご家族の方は、ぜひ医療費控除をご利用ください。