HOME >> 所長の眼鏡>>“ありがとう”の反対語を知っていますか?

“ありがとう”の反対語を知っていますか?

所長の眼鏡

2016年08月1日

さん『ありがとう』という言葉を頻繁に使いますが、反対の意味の言葉って、何かご存知ですか?

調査によると『ごめんなさい』という人が多数を占めたようですが、『ありがとう』の反対語は『当たり前』です。

 

「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」(ありがたし)という意味です。

有ることが難しい、まれである。めったにない事にめぐりあう。すなわち、奇跡ということです。

奇跡の反対は、「当然」とか「当たり前」。

 

我々は、毎日起こる出来事を当たり前だと思って過ごしています。

歩けるのが当たり前。目が見え、耳が聞こえるのが当たり前。毎朝目覚め、息ができ、食事ができるのは当たり前だと思っています。

 

かつて、フィリピンの首都マニラのトンド地区に、スモーキーマウンテンという場所がありました。

ここは首都の広大なゴミ捨て場で、一日中ダンプカーでゴミが運び込まれ、ここに捨てられていきます。

積み重ねられたゴミは自然発火し、いつも煙が上がっていたので「煙の山」、スモーキーマウンテンと呼ばれていたのです。

現在は閉鎖され、住民も強制退去させられたようですが、以前ここを訪れたカメラマンの話によると、あたり一面、目も開けられないほどの煙が立ち込め、吐き気をもよおす悪臭が漂っていたそうです。

んな所に、ビンやスクラップなどのゴミを拾い、リサイクル業者に売って暮らしている子供たちがいました。

手や足は真っ黒に汚れ、皮がめくれて血だらけ、それでも子供たちは一心不乱にゴミを拾うのです。

 

カメラマンは、数人の子供たちが遊んでいたので話を聞いてみると、その中に一人の少女がいたそうです。

頭のてっぺんから足の先まで真っ黒に汚れ、ボロボロのシャツを着た10歳ぐらいの女の子です。

 

瞳がキラキラと輝き、笑顔がかわいい少女に、

 

「あなたの夢は何ですか?」と聞いてみると、

 

その少女はニコニコしながら、

 

「私の夢は大人になるまで生きることです」と答えたそうです。

 

この答えを聞いて、グッときました。

少女にとっては、我々の「当たり前」のことが「夢」なのです。

 

 

 

槍ヶ岳1

 

槍ヶ岳3

 

 

先月三連休を利用して、北アルプスにある「槍ヶ岳」に登ってきました。

標高3,180mは日本で5番目の高さですが、日本のマッターホルンと呼ばれるその姿どおり、過酷さは富士山の比ではなく、距離にして登り28㎞、下り28㎞、頂上付近はロッククライミングのように岩をつかみ、垂直のハシゴを上ったり、鎖をつかんで登ったりします。

やっとの思いで登りきった頂上は360度の大パノラマで景色は圧巻でした!

ただ、達成感に浸るのも束の間、頂上といっても4畳半ほどの広さしかありませんので、一息ついたら下山です。

 

今回貴重な体験をしましたが、途中山小屋で2泊しました。

ここではまさに日頃「当たり前」のことが「当たり前」ではないのです。

まずお風呂です。中腹での1泊目はお湯につかることはできますが、シャンプーも石鹸も歯磨き粉も使えませんし、

山頂手前の2泊目はそもそもお風呂がありません。

男ですし、2日ぐらいはどおってことありませんが、もう一つ困ったのが、携帯の電波が入りません。

これには参りました。。。

 

今、日本ではあらゆることが「当たり前」になっています。

「感謝」を忘れ、「不満」ばかりが充満している世の中です。

豊かで便利になるにつれ、こういった大自然でリセットすることの必要性を実感しました。

 


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?