TOPICS

配偶者控除、103万円の壁から150万円の壁へ…!?2017.12.01

 平成30年より、配偶者控除・配偶者特別控除が見直されます。 ニュースでご存知の方も多いですね。 今まで103万円の壁と言われてきた配偶者控除ですが、平成30年より150万円まで引上げられることが決まりました!
しかし、改正前は納税者本人の所得金額に関わらず、配偶者の合計所得金額が38万円以下(給与収入103万円)であれば配偶者控除の適用がされていましたが、今回の改正から本人の合計所得金額が900万円を超えると、配偶者控除額の金額が段階的に引下げられることになりました。 合計所得金額が1,000万円以上(不動産所得・年金等含む)になると、配偶者控除は適用外となり増税となってしまいます。
また、103万以上稼ぐ場合の配偶者特別控除も150万までは、上記の表と同様に本人の合計所得金額によって控除金額が減額されます。 150万円以上から段階的に引下げられ、給与収入201万円を超えると配偶者特別控除は0円となりますので、こちらも注意が必要です。
今回の改正により配偶者控除を考えながら働かれている方は、働く時間を増やそうと考えていらっしゃる方もいると思います。 ですが、要注意なのが130万円の壁です。 130万円の壁とは、社会保険加入の条件となる金額です。 配偶者控除が150万円まで引上げられましたが、この社会保険の金額については現状のままです。 今まで103万円以下に収入を抑えていた場合、この130万円の壁については気にする必要はありませんでしたが、今後はこの130万円の壁を気にしていく必要がありそうです。
例:本人の合計所得金額が800万円とした場合 ①配偶者の所得金額が103万円の場合… 所得税はかからず今まで通り38万円の配偶者控除が受けられ、103万円全額が収入になります。 ②配偶者の所得金額が125万円の場合…  配偶者には年間1万円弱の所得税・住民税が課せられますが、配偶者特別控除38万円が受けられ、収入としては124万円ほどになります。   上記2つを比べると②の方が税金はかかりますが手取り収入は多いですね。 もちろん色んな例がありますので、ご不明な点や疑問点がありましたら当事務所までお問い合わせください!