TOPICS

令和2年度の路線価が発表されました!

 

令和2年度の全国の民有地の路線価が国税庁HPより公表されています。


路線価とは…

「土地の時価」の80%ほどで設定されており、相続や贈与が行われた際の、

宅地の相続税・贈与税の評価額の基礎となるものです。

令和2年分都道府県庁所在地の最高路線価(一部)


令和元年度

令和2年度

前年比

札幌

4,880

5,720

17.2%

東京

45,600

45,920

0.7%

名古屋

11,040

12,480

13.0%

京都

5,700

6,730

18.1%

大阪

16,000

21,600

35.0%

福岡

7,870

8,800

11.8%


令和2年度の路線価は、インバウンド需要が影響し全国平均で前年比で1.6%の増加となり、5年連続で上昇となりました。

しかし、この路線価は令和2年1月1日を評価時点としているため、国税庁は新型コロナウイルスの影響で地価が大幅に

下落し、路線価が地価を上回った場合には、対象とする地域を決めた上で、路線価を減額修正できる(土地の評価額を

下げることができる)措置を検討しています。

早ければ10月にも公表される予定です。


今年土地の相続や贈与の申告がある方は、事務所所員へ詳細をお問い合わせ下さい。